1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA出展のお知らせ

人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA出展のお知らせ

2024.7.1

このたび、SCTMエンジニアリングは「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」へ出展いたします。

自動車業界の最新の技術や製品を発信する国内最大の本技術展に、522日(水)~ 24日(金)にパシフィコ横浜で開催されました「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」に引続き出展いたします。
「Co-Create! 未来をともに創りだそう」という本展示会のテーマのもと、自動車業界におけるSDV開発実績(コネクテッド技術とハードウェア・ソフトウェア両面での開発支援)やコンポーネントから車体全体に渡る開発受託、支援実績等について、ご紹介いたします。
また、横浜会場でご好評を頂きました、SDVソリューション "Function on Demand"及び次世代デジタルコックピットソリューションのデモンストレーションも行う予定です。


◆人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA詳細

  • 会 期 : 2024年7月17日(水)~ 19日(金) 10:00 ~ 17:00
  • 会場 : Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
  • 当社ブース小間番号 :168


紹介技術領域(一例)




展示デモ概要

SDVソリューション "Function on Demand"

  • NVIDIA ORINプラットフォームベース
  • 車両 HPCへの新機能のインストールを「オンデマンド」で実行
  • 車両の機能をデスクトップまたはクラウド環境で製作し、車両のHPC にインストールする前にテスト、検証
  • クラウド上の仮想 HPC 内のコンテナの機能を検証
  • 対象となるHPC 上での新機能のリアルタイムでの実行をデモンストレーション
  • 仮想HPCでのフリートおよびビークルモデルレベルのオーケストレーションおよびコンテナ化されたアプリケーションの
    テストを実行

次世代デジタルコックピットソリューション

  • FHDから4K解像度まで複数の独立したディスプレイを駆動
  • Android Automotive OSを搭載したQualcomm GEN3 Automotiveチップセットベース
  • マルチスクリーン、マルチタッチ機能を使用して、インストルメントクラスター、ナビゲーション、HVAC、エンターテイメントアプリケーションなどを同時に再生
  • セントラルコントロール、パッセンジャーエンターテイメント、リアディスプレイ、およびこれらの組み合わせとしてカスタマイズ
  • インフォテインメントのテレマティクスをクラウド上でキャプチャし、開発、実装に関するインサイトを抽出
  • OEM/アプリ開発者として安定したアプリケーションを車両ユーザーに提供
  • 使用状況、誤作動、クラッシュ分析などのさまざまなアプリ分析
  • 車載インフォテインメントをハードウェアへ実装する前に、クラウドデジタルツイン上でアプリのテスト、検証



皆様にお会いできますことを弊社一同心よりお待ち申し上げております。
 

※本展示会は事前来場登録が必要です。上記公式サイトより来場登録の上、お越しください。

Contact

ご相談窓口

弊社サービスやお見積りなどに関してご相談やご質問がございましたら、以下ご相談窓口のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
また、弊社会社概要やサービスなどの資料請求は以下資料ダウンロードよりご確認ください。